じゃがいもの合唱劇22

合唱童話 むくどりのゆめ

【合唱童話版初演】
 
原作:浜田 広介
作曲:吉川 和夫 
 
演出:恵川 智美
指揮:鈴木 義孝
 

Staff * スタッフ 

照明    安達 俊章
舞台監督  平野 礼子(劇団山形)
 
美術・小道具 安藤 淳
 
演出助手   鈴木 瞳
 
照明:庄司 大也、時田 信明
   長岡 竜也、高梨 航輔、
   
美術・小道具助手 安藤 純子
 

Orchestra * 楽士

フルート:古川 仁美
チェロ :山本 純
ピアノ :郷津由紀子(山形公演)
     櫻井いくみ(東京公演)
 

Cast * キャスト 

むくどりの子:鈴木 優衣
とうさん鳥 :岡崎 充男
 

あらすじ

 ひろい野原のまん中に、たいそう古いクリの木が立っていました。木には、ほら(大木などにある中がからのあな)が、できていました。
そのほらに、むくどりの子が、とうさん鳥とすんでいました。

 秋もくれて、ススキのほが白くなると、とうさん鳥は、そのほをくわえて、巣の中にもってきました。ほは、やわらかでありました。
 
 

『むくどりのゆめ』について   吉川和夫(作曲家)

 「きけばきくほど、ただ、なつかしく」、浜田広介原作『むく鳥のゆめ』の中の一文です。子どもの頃に読んだ記憶のある広介童話ですが、出演の音楽集団「みゅ〜じ館」さんから音楽劇として上演したいというご希望を伺い、読み直しました。そうはいっても、初めに出会ってから半世紀以上経っていますから、初めて読むようなものです。文庫本にしてわずか6ページに過ぎない物語。静寂な風景の中にある寂しさと優しさが、心に染みました。この作品には広介自身の辛い経験が反映されているそうです。それでいて、ここには、囲炉裏に取り残された熾火のように、消えそうでいながらなお強く燃え続ける温もりがあります。幻想的な響きとともに、「むく鳥の子」に向けられる確かなまなざしと、このかけがえのない温もりとを、音楽で描きたいと思っています。

(初演の文翔館創作劇場 〜絆を紡ぐコンサート〜 チラシから)

 
 

公演詳細 

【山形公演】

合唱劇「オツベルと象」<管弦楽版>(合唱オペラ初演)
 
◆日時:2015年11月29日(日) 14:00 開場 / 14:30 開演
◆会場:山形市民会館 大ホール
◆入場料:一般券 1,500円 / 学生券 1,000円 / 中学生以下無料
 
◆主催 : 合唱団じゃがいも、山形市、山形市民会館管理運営共同事業体
◆後援 : 山形県芸術文化協会、山形市芸術文化協会、山形県合唱連盟
◆チケット取り扱い : 辻楽器店、富岡本店、山形プレイガイド
 

【東京公演】

◆日時:2016年1月31日(日) 14:00 開場 / 14:30 開演
◆会場:かめありリリオホール
◆入場料:一般 2,000円  学生・高校生 1,000円
 
◆チケット取り扱い所:林光事務所、
           かつしかシンフォニーヒルズ、かめありリリオホール
 
◆主催:合唱団じゃがいも
◆後援:山形県芸術文化協会、山形県合唱連盟
◆企画・制作:林光事務所
 
合唱劇「オツベルと象」 特設ページはこちら
 
 

フォトギャラリー

 
2017-11-19_(12).jpg 2017-11-19_(3).jpg 2017-11-19_(9).jpg 2017-11-19_(4).jpg 2017-11-19_(2).jpg 2017-11-19_(10).jpg 2017-11-19_(5).jpg 2017-11-19_(6).jpg 2017-11-19_(8).jpg 2017-11-19_(7).jpg 2017-11-19_(11).jpg

(撮影・編集:鈴木 康弘)